ゾンビ列車に乗った話

2016/11/17


おはこんばんにちは、ニチヤです。
今回は、「ハロウィン🎃」についての記事を書いていきます。

 

ハロウィンと言えば何を思い浮かべますか?
お菓子…かぼちゃ…コスp…

 

そうです、コスプレです(興奮気味)


 

取り乱しました…
毎年この時期はどこのお店もハロウィン仕様になりますよね。
周りの友達や、あなた自身、今年はどのような恰好をしようかな…と悩んだりするのではないでしょうか?
その中でも、今回のテーマは、「ゾンビ」です。

game-asset-call-1296507_960_720
 

 

 

まずは、ゾンビを辞書を引きました
こちら↓
ゾンビ【zombie】
ブードゥー教で、まじない師が生き返らせて操る死人。また一般に、呪術 (じゅじゅつ) などによって生きた姿を与えられた死体。

 

恐ろしいので、現代ハロウィン仕様にしましょう。
ゾンビ【zombie】
まじない師が生き返らせて操る死人…のはずが、近年ではドラマやテーマパークにおいて、もってこいの存在となった。
また一般に、呪術 (じゅじゅつ) などによって生きた姿を与えられた死体のこと。
毎年のハロウィンでは「Trick or Treat!(お菓子くれなきゃ噛みついちゃうぞ☆)」といった感じのノリとなっている

 

このゾンビがですね……電車に乗り込んで来たんです…それも大量に…。

 

一年前のハロウィンの日のことです。
僕はその日の夜勤の仕事があったので、
最寄り駅でもあった神奈川県の川崎駅から、夜の10時頃に電車で仕事場に向っていました。
「こんな日に仕事か…」
電車でため息をつきながらスマートフォンを取り出し、
Twitterのタイムラインを眺めていました。
他人の楽しそうなツイートにさらに落ち込みながらも電車に揺られ…

 

そして、とある駅に停車しました。
その駅は乗換駅なので、人の乗り降りが多くなります。
それと共に、毎回席に座るための戦争が勃発する駅でもあります。

 

ドアが開き、ゾロゾロと人が電車に乗り込んできます…。
その時です、
目を疑いました

乗ってくる人のほとんどがゾンビなのです。


 

乗ってくる人のほとんどがゾンビなのです。(2回目)


 

乗ってくる人のほとんどがゾンビなのです。(3回目)



 

僕の視点では、

乗り込むゾンビたち→\( 'ω')/ウオオオアアア!
僕→(;゚д゚)おお……

こんな感じです。

 

車両1両に約15人のゾンビ
自撮りするゾンビ
座席で寝ているゾンビ
なんという光景でしょうか…。

 

そんなゾンビを横目に、仕事場に着いた僕は、先輩にその話をしました。
「いや~ゾンビ乗ってきて…」
ひと通り話が終わると、その先輩が一言

 

「ハロウィンってめっちゃナンパしやすいんだよね(^^♪」

 

(´・ω・`)……
(´・ω・`)ゾンビより先輩の方が怖いっす。

 

ハロウィンのイベント帰りのかわいいゾンビたちに遭遇してから1年、
今年はどんなお祭りになるのでしょうか?

-2016.10.28-

よろしければポチッとお願いします!

-日常記事