ニチヤのプロフィール


ニチヤ山形県出身1996年生まれの20歳AB型


目次
1. ~佳境~
2. ~インターネットで稼ぐこととの出会い~
3. ~自由を追い求めて~
4. ~起業前夜~
5. ~最後に~


 

1. ~佳境~


山形県に生まれ

 

小学校・中学校と野球少年としてワイワイやってました。
横浜DeNAベイスターズファン!(家族はみんな巨人ファンなのに)
ポジションはセンターを守っていて、守備範囲の広さとバントの上手さがウリの少年。
それでも練習は嫌いで嫌いで…本当に嫌いで…
練習試合・公式大会と監督・コーチが練習に来れない時は、いつも以上にはしゃいでいた少年でした(笑)

 

中学校くらいに・・・両親の半別居状態と、顔と胸のケロイド
(ニキビが酷くなり顔と胸が常に腫れ上がっている状態、毎日膿や出血でTシャツが赤く染まってた)が原因で病みました。

周りからも「病院行けよ」とか「汚い」とか言われて…
毎週病院に通って治すことに必死になっていた頃でしたから、
それはもう毎日学校行くのが嫌で嫌で仕方なかった。

 

30代くらいまでは綺麗には治らないよ。偉いお医者さんからそう言われました(今でも治っていません…)

みんなと同じ毎日を送ることに苦痛を覚え…

 

 

高校生になり、自分を変えよう!と、飛び込んだハンドボールも
遊びたくて辞め…文化部で好き勝手やってました。

その当時からハマっている"FLOW"というバンドのLIVEの為に山形を飛び出し、

平日東京まで行ったり…そこで知らない人たちと会うことが…繋がることが楽しくて

ああ…こんなにも自分の世界は狭かったんだなーと感じ…
この頃から、特に"精神的な自由"を求めていました。
 

 

家庭の環境も相変わらずだったので、早く自由になりたくて単身家を飛び出し東京の会社に就職。

「頑張って働けばお金が貰えて自由になれるんだ!」と期待したものの、
定時の仕事に加え、深夜の作業(忙しくなくても、月70時間)に嫌気がさし、
人間関係(働きたくないと言いつつ、世間体、家族がいるから・・・辞めれない、リスクばかりを気にする人達&変なプライドばかり持つ上司連中)に悩み、
ストレスで吐きながらも出社。
よく言われるじゃないですか
「職にも就かないやつは負け組だ」
だから僕は言ってやったんです!

 

「家族がいるのに家にも帰らず、帰っても家に居場所ない自慢するのが勝ち組なんですか!?」

「言いたいことも言えず、やりたいこともできない人生でも勝ち組なんですか!?」   (そんな勇気ないのでもちろん心の中で)


 

そんな社会人1年目…悪化するケロイドと、お金を増やそうとパチンコに金をつぎ込み給料を無くしていく生活になり、
社会人1年生は通帳残高は70円に。
財布に残った小銭でカップヌードルカレー味を買い、
そこにおにぎりを入れる生活が1週間続いた時には「どうした俺!!」って思いましたね(笑)

慣れない都会でどうしたらいいかも分からないまま過ごす日々…
夜中の公園でボーっと過すことが気持ちよかった。

 

社会人1年目18歳の秋です、"鏡で壊れた自分の顔を見るのが怖かったんです"

 

2. ~インターネットで稼ぐこととの出会い~

 

高校時代まで家でパソコンを使ったことがない私は親を説得し
「スマートフォン」を使い始めました。


遊ぶお金も知識も無い中、同じ学科に通っていた友達から

ブログ広告収入についての話を聞きました。                      ↑文字の通りなのですが…
(※個人のブログに色々な商品の広告を置いて、「買ってくださいね~」と宣伝します。商品を買ってくれたら、広告置いて宣伝してくれたくれたブログに、いくらかお金あげますよー。という仕組みです)

 
「これは稼げそうだね!」

当時私はなんの迷いもなくそう思いました。

 

早速Fc2でブログを作って、
記事には、行ったLIVEの感想や、好きなアーティストのこと、はまっていたアニメのことを書いたりして…
ブログには1クリック4円の広告を貼って…
いずれひと月分の報酬結果がマイページに載っていて
結果私の原点は

 

月36円の収入からでした。


「え?これ、稼げないじゃん」
素直に思いました。

 

今考えればもう少し頑張れよ!とか思うのですが(笑)                 その後高校1年生は「お小遣いアプリ」に手を出します。


「これは稼げそうだね!」

簡単に説明しますと、
お小遣いアプリ⇒アプリダウンロードで30ポイント、クレジットカードとか作ると3000ポイントくらいが貰えて、1ポイント=1円とかで換金できるんです。

今回は色々と試しました。
もちろん、ちゃんとした知識なんてありませんから
考えて…考えて…
そこで思いついたのは流行っていた(個人的にも社会的にも)Twitterを利用すること。 Twitterのアカウント名を「お小遣い稼ぎ支援」にして、
友達紹介のURLリンクをつぶやきながら「今月は○○円稼ぎましたよー!」と実際に画像を見せて、報告すれば信用してくれるのではないかと。
 
結果は月々500円ほどの収入でした。

 

これが、私の「インターネットで稼ぐこと」との出会いだったわけです。

 

 3. ~自由を追い求めて~

 

毎日会社に行くことに絶望していた時…
そんな時Twitterで見かけた言葉に救われたんです。

 

「雇われずに自由に生きようと思った」

 

起業家だいぽんさんのその言葉に魅了されました。


"精神的自由・肉体的自由・経済的自由"すべてにおいて自由になろう!!と思い。
だいぽんさん・加藤将大さん
この二人の起業家に付いて行こう!
「幸せと自由」を求めて起業しよう!
と決意しました。
この決断に関しては何の後悔もありません。 この決断が人生の舵を正しい方向へと導いたのですから。

 

 

4. ~起業前夜~

起業へ向け、会社を辞めるぞー!これからだ!!と思っていた矢先、
母親からの突然の電話

 

「お父さん…胃ガンなの。進行していて…」

 

その後のことはあまり覚えていません。

19歳の僕には重かった。

ステージ4と呼ばれるガンの進行

それに加えて父親の長年に渡る不倫の発覚。

あの、筋肉ムキムキでの父親が
今にも折れそうな体で寝ている病室で思いました

”人生は時間が限られている”ことに。

だからこそ…この世の中
・自由を求めたい…
・自分の存在を示したい
・追いかけたい夢がある。
・夢を見つけたい、そのきっかけにしたい
・何歳であろうが自分を変えたい
・今までだらだら生きてきた。変えたいけど…何をしたらいいのか分からなくて…
・家族もいるし…仕事での責任もあるし…
  etc…

皆、一度は…いや、日々考えているはずです。

他人には話すことのない内に秘めた思い・個性

”心の叫び”が。


「私のように悩んでいる人が居るのではないだろうか?そんな人たちの道標になりたい!」

と言う信念からこのブログは始まりました。

当時19歳のガキがここまでの行動を起こしていたのです

なんでも…できそうな気がしませんか?


 

その後、周囲に罵倒されながらも
物販で初月売上26万円、月収15万円になる。

人を雇い、自分の時間を生み出しながらも
利益を上げる仕組を完成させる。

 

5. ~最後に~

今読んでくださっているあなた。

この出会いは一度きりになるかもしれません。

僕はこの出会いは"偶然"ではなく"必然"であったと思いますし

・私に興味を持ってくれてる人
・自分にもやりたいことがある人
・現状に満足していない人

 

また、感想でも、個人の思いでも構いません。

送っていただけると嬉しいです。






 

お名前 (必須)

メールアドレス(任意)
※質問・相談など、返信が必要な方のみ記入してください。

 質問・感想の引用について

引用可能イニシャルなら引用可能引用不可

メッセージ本文

日野 僚馬

2017/08/31