WordPressのバックアップを簡単に設定!!プラグインBackWPupを図解!


こんにちは、ニチヤです

WordPressのバックアップは取っていますか?

 

WordPressのバックアップを簡単に作成できる
プラグイン「BackWPup」の導入を紹介する記事です。

 

というのも、僕は育てたブログが消えてしまうかもしれない…
やばい…と思いつつ
面倒くさくて、バックアップのことは考えていませんでした。
消えてしまってからでは遅いので、優先して導入することをオススメします。

 

プラグイン「BackWPup」の導入

プラグイン検索の所にBackWPupと入力、このプラグインをインストールします。

 



そして、インストールが完了したら、
メニューにBackWPupが表示されると思うので
新規ジョブを追加をクリック。
ここで必要な設定を行います。

 



①ジョブの名前を付けます。
ジョブとは、この設定の名称のことです。
分かりやすい名称にしましょう。

 

②データベース・ファイル・プラグインの項目にチェックを入れてください。

 

③アーカイブ名に関してはそのままで問題ありません。

 



 


WindowsはZip
MacはTar GZip

を選択して下さい。

 

⑤私はDropbox(無料のオンラインストレージ)を選択しましたが
デスクトップ上に保存するのが分かりやすいと思いますので
ここの設定は、任意の場所を選んでください。
※PC自体に何らかの不具合が起こっても、バックアップデータを取り出すことが出来ることが大事ですので
DropBoxがオススメです。

 



⑥WordPressのcrom(定期的にバックアップ取ってくれるということです)
にチェックを入れる。

 

⑦スケジューラ―は基本にチェック。

 

⑧ここは週1がオススメです。時間帯はブログへのアクセスが少なくなる
日曜日の24時が良いのではないでしょうか?

 



DropBoxとの認証を行います、どちらかをクリックしてください。
すると、このような画面になります。




 

ログインすると

・ここで表示されたコードをコピーしてください。
先ほどの欄に入力します。

 



⑨コピーしたコードをどちらかの欄に入力してください。
入力したら変更を保存して終了です。

 

↓↓↓

 


設定を保存すると、バックアップの処理が開始されます。
そして、保存先のDropBoxはこのような感じになります。




バックアップの保存先で設定したDropBoxにフォルダが作成されたことが確認できたので
これで全ての設定が終わりです。

 

 

-WordPress